Your address will show here +01 (414) 230 - 5550
次世代型拡張ストレージ

Federator®は、ストレージの検出、抽象化、既存のストレージシステムを活用したサービスの提供を簡素化および自動化するマルチユースのストレージおよびデータサービスを可能にする、統合されたソフトウェア定義のプラットフォーム(scale-any)で、分析(TMM / ERC、ストレージの可視性と洞察)、プロビジョニング (容量/ IOPSプロビジョニング)などの豊富なサービスポートフォリオだけでなく、フラッシュで最適化されたエンタープライズクラスのスケールアップおよびスケールアウトストレージ機能、データサービス(データ保護/リカバリ)、最適化(重複除外、キャッシュ)を内蔵しています。

 

Federator®ストレージ統合技術は、仮想ストレージ・プールとして抽象化された物理ブロック・ストレージの複数のプールを、データの格納、アクセス、移行、および管理のため、統合的に動作することを可能にします。Federator®は、個々のストレージリソースの組み込み機能を認識し、ストレージの依頼要件に合わせてオンデマンドでストレージを定義します。

 

独立したストレージシステム間の障壁を解消する抽象化レイヤーにより、Federator®は、すべてのストレージシステム間のデータサービスに単一の統合APIを提供します。

Federator® 一目瞭然!

主な特徴


集中型ストレージ管理とオーケストレーション

独自のアレイからコモディティ・ハードウェアまで、ストレージはFederator®によって自動的に検出、管理され、統一されたストレージ基盤の単一ビューを提供します。検出されたストレージは、その特性に基づいてプロファイリングおよびプールされ、ワークロードに合わせて、ビジネスサービスに適切なリソースを割り当てることができます。

データの解放とモビリティの向上

拡張するストレージのサイロの中でデータが作成されると、データは制限、隔離されますが、Federator®はこれらの障壁を解消します。データは、適切なプロファイルを持つ適切なストレージターゲットにスムーズに移動され、ストレージインフラ資産の寿命を延ばすことができます。

トラフィックモデリングと弾性のあるリソースコントロール

特許申請中の技術により、Federator®は短期および長期の要件を自動的に予測し、必要に応じてリソースを動的に割り当てることができるようになり、もはや過度のリソースの割り当てをなくします。代わりに、ワークロードの必要性に応じて、リソースが柔軟に調整されます。

データ保護

Federator®は、比類のない内蔵型データ保護技術を提供します。 Federator®は、抽象化レイヤーを通じて、すべてのストレージに対し統一されたデータサービスを提供し、ハードウェア、ソフトウェア、サイトレベルの障害から資産を保護します。

ストレージの最適化

内蔵された重複排除機能と圧縮機能により、Federator®は特定のブロックのみを最適な方法で保存することでストレージの消費を削減します。Federator®は、シンプロビジョニングと合わせてストレージの設置スペースとTCOを大幅に削減します。

REST APIsの活用

Federator®はREST APIにより、シームレスな双方向統合を可能にします。これにより、Federator®をクラウド管理プラットフォームとの同時使用だけでなく、パフォーマンスやコストなどのニーズに基づいた迅速なサービスを提供できるようになります。

Share