Your address will show here +01 (414) 230 - 5550

現在お使いのストレージ、拡張はできますか?


コモディティハードウェアをエンタープライズ型ストレージシステムへ変貌させるハイパフォーマンス拡張可能ストレージです。

ストレージの仮想化を超えて

Federator® Scale-Upは、適応性と柔軟性を備えた革新的なストレージハイパーバイザーです。Federator®Scale-Upは、フラッシュ最適化分析エンジンを備えているという点で、ストレージの仮想化のみを行う市場の他のストレージハイパーバイザーとは異なります。環境内のワークロードの予測分析を行うインテリジェンスにより、ハイコストなソリッドステートディスク(SSD)を、ハイブリッド構成のパフォーマンス向上に必要な最適量だけ割り当てることができます。

 

これにより、Federator® Scale-Upストレージが最適なシナリオを見つけ出し、それに応じてストレージのバランスを動的に調整することができるため、事業者はサービス提供における安定したパフォーマンスを保証しながらも、コストをかけることなくデジタルサービスを拡張することが可能となります。

スケールアップは、費用対効果の高い次世代ストレージサーバーシステムを実現するため、オープンソースソフトウェアとコモディティハードウェアに特許取得のストレージ分析技術を組み合わせた高度なソリューションです。

Image Caption

主な特徴

フラッシュ最適化アーキテクチャ

フラッシュ革命に向けて設計され、ハイブリッド構成のストレージパフォーマンスを動的に調整すると共に、オール・フラッシュのパフォーマンスを発揮することで、SSDの利点をフルに活用しています。従来のハードディスクと共にSSDをパフォーマンスレイヤーとして用いることで、デジタルビジネスサービスを提供する上で求められるストレージ容量とパフォーマンスを両立させます。

エラスティック・リソース・コントロール

Federator® Scale-Upは、リソースの使用を最大化かつ最適化するために、短期・長期の需要を自動的に予測し、必要に応じてキャッシュリソースを動的に調整します。SSDや他のパフォーマンスレイヤーのデバイスにおける柔軟なリソースコントロールが可能で、日中はVDI(仮想デスクトップインフラ)アプリケーション用に自動的に調整され、終業時にはERP(業務基幹システム)アプリケーションの日次報告用に再度自動調整されます。

  • Text Hover
トラフィックモデリング

一般的に企業は、サービスの需要を保守的に見込み、そこまで必要とは思えなくとも、最も高価なリソースを使用し、過剰に割り当てることを行います。Federator Scale-Upは、トラフィックパターンの分析によってQoS(Quality of Service)のコントロールを行うことでこの問題を解決し、ミッションクリティカルなビジネスサービスにのみ必要とされるIOPSを個別に保証することができます。

ストレージ最適化

もともとの重複排除機能と圧縮機能に加え、Federator® Scale-Up は、一意のブロックのみを最適な方法で保存することでストレージの消費を削減します。 シン・プロビジョニングと合わせて、Federator Scale-Upはストレージの設置スペースと所有コストを大幅に削減します。

Federator® Scale-upは、次のようなエンタープライズレベルの機能を提供します

ストレージプール ―ストレージサイズを事前に決定する必要がなくなります
リダイレクト・オン・ライト ―フラッシュの耐久性を最適化し、スナップショット   およびクローン取得時間を最小限に
最大16EBまでのボリュームでのシン・プロビジョニングとシック・プロビジョニング
オンザフライデータ圧縮とブロックレベル重複排除
チェックサム―データ完全性の検証と自己修復
圧縮と暗号化を用いたリモート複製スピーディなスナップショット
スナップショットからのボリューム作成
スナップショット・ロールバック
複数のRAIDレベルのデータ保護
マルチレベルキャッシュ
エラスティック・リソース・コントロール
書き込み可能なスナップショット
迅速なスナップショット
ボリューム整合性グループ
Share